読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本とフィリピンの子供をオンラインで定期的に繋ぐとどうなるか

日本とフィリピン全国の子ども・生徒をオンラインで繋げる奮闘記

日本とフィリピンの子どもを繋ぐネット回線テストやりました! @セブ島と横浜

参加団体はきまったので、(もっとこれから増やしていきます)

実査にネット回線のテスト、記録のための動画録画のテストをしてみよう!

っということになってやってみました。

f:id:miossi:20161002222433j:plain

 9月19日2016年    「誰でもヒーロー」のこどもたち  かわいい

 

セブ島貧困層支援団体「誰でもヒーロー」 と横浜の少人数制塾「知窓学舎」での

回線テストです。

 

 

本当は回線がつながるかどうかだけでいいんですが、子供がそれぞれの場所にいるので、ちょっと子どもにも参加してもらおうってことでセブ島の「誰でもヒーロー」の子どもに参加していただきました。

 

 

 

贅沢にテストをしていただけたのは元東進ハイスクールのカリスマ英語講師

誰でもヒーロー」の代表:山中先生

 

 

IT業界の大物として活躍していた

「知窓学舎」の共同経営者:中村先生

 

 

心強いっす。

 

 

 セブ島「誰でもヒーロー」の実験現場

f:id:miossi:20161002222603j:plain

 

しかし、プラスチックのイスを重ねてパソコンおいてやってるとは、動画をみてて気づきませんでした。

 

現場の様子を、リアルを伝えたいんで「写真とっておいてください」

とお願いしてよかった。この現場の苦労と努力とそれを楽しむ度量。

こういうの見て嬉しくなっちゃうの僕だけでしょうか?

 

 

ちなみに誰でもヒーローにテーブルないわけじゃありません。

 

 

あります。

 

 

きっとなにか事情があったのです。

 

 

山中先生、スタッフの皆様いつも本当にお忙しいなか

ありがとうございます!!

 

 

 

この竹のような柔軟な対応をしてくれる「誰でもヒーロー」ですので、

このプロジェクト、ますますうまくいきそうです!

 

 

思ったよりうまくいった回線テスト

エラー

・記録をとるためにスカイプ動画を録画できるソフトをダウンロードしていただき

 録画してみたのですが、横浜側の声が録音できなかったです。

 

・画像が少し荒い

 

・画像が横浜側が小さい画面だった

 

という程度でした。

フィリピン側にもっとWi-Fiの弱さの弱点がでると思ったのですが

問題なかったです。

 

ただ雨が強く降ると、不安定になるらしいので、完全に解決ではありません。

しかしフィリピンの場合、雨季は雨の降る時間帯がわりと決まっているので

その時間帯を避ければ大きな問題ではないかもしれません。

自信に満ちて輝く貧困層の子どもたち

 

www.youtube.com

 

 

しかし、動画の子どもたちをみればわかりますが、英語喋れる!!

貧困層の子どもたちでこれだけ話せるのはすごいですね。

 

これは「誰でもヒーロー」の教育サポート、支援の結果がでている証拠です。

通常の貧困層は(私はスラムに住んだことあります)、英語ここまで話せません。

 

 

いい意味で外国人に慣れていますね。

 

 

「誰でもヒーロー」に訪れる日本人たちに英語を使ったり、

成功のモデル!ということで紹介されているので自信がでています。

日本の子どもよりグローバル人材に育っています。

 

 

支援のための支援団体ではない。問題を解決するための支援団体

www.youtube.com

動画で山中先生がいっていますが、

 

 

彼女達は通っている小学校、中学校でもトップクラスの成績になる子が沢山でているんです。

 

まさに「貧困層かわいそうでしょ?だから寄付して」という連鎖を利用した支援団体ではなく、

 

「みなさんにいただいた寄付で支援ができました。支援したから問題が解決して今きれいになって、成績ものびて、夢をもって志をもって、こんなに輝いています」

 

という支援をしてよかった~と思える結果をだしてくれる団体が誰でもヒーローなんです。

 

 

彼らがこのオンラインプロジェクトを通じて、自分たちだけでなく、

日本の子どもたちを輝かせる、それって素晴らしいと思いませんか?

 

彼女たちはそんな力をもう持ち始めています。

 

 

 

はやくそんな姿をみたい。そしたらもっとすごいことが起こる!!

 

 

ドキドキ、わくわく!!

 

 

 

p.s. 「フィリピンと日本の子どもをオンラインで繋ぐプロジェクト」ではボランティア手伝ってくれる仲間を募集しています。またIT業界や企業のご協力も大歓迎です。

ぜひお声掛けくださいませ。 

 

高速回線をつけてあげるよ~

 

パソコンあげるよ~

 

マイクやスピーカーあげるよ~

 

っていう企業様、よろしくお願いいたします!!